中国語の翻訳ならモシトランス

株式会社モシトランス
中国と中国語のエキスパート

最新の記事

[第40回] 出願から登録まで

[第40回] 出願から登録まで

2019.11.18
翻訳プロジェクト担当U: 連載の第5回は、出願から登録までの流れに関するお話です。 おおまかに8つのステップがあるんですが、学校受験の流れに似ているんですよね。

続きを見る

記事一覧

[第39回] お客様の仕様に即した選択

[第39回] お客様の仕様に即した選択

2019.11.11 特許
校閲担当I: 今回は、お客様の仕様を正確に把握することの大切さについて、お話しいたします。

続きを見る

[第38回] 同時通訳の現場 in China (2) : 英語をめぐる日中二国間会議の事情

[第38回] 同時通訳の現場 in China (2) : 英語をめぐる日中二国間会議の事情

2019.11.05 通訳
品質担当S: 同時通訳に関するプチ連載の第2回目です。 今回は中国における同時通訳業界の問題を、メッタ斬りしてみました。

続きを見る

[第37回] スタートアップのIT事情 プロジェクト管理編(2)

[第37回] スタートアップのIT事情 プロジェクト管理編(2)

2019.10.31 技術
技術担当T: 今回は、各プロジェクトでの案件管理に使っているサービスをご紹介いたします。 boardという案件単位で情報を管理するサービスです。

続きを見る

[第36回] 中国製ラジコン玩具一考 (後編)

[第36回] 中国製ラジコン玩具一考 (後編)

2019.10.28 中国ビジネス
ビジネス支援担当N: 今、中国製ラジコン玩具が業界の主流となっています。 今回は後編として、昨今のラジコン事情について書き連ねてみたいと思います。

続きを見る

[第35回] 先願主義と先発明主義

[第35回] 先願主義と先発明主義

2019.10.21 特許
翻訳プロジェクト担当U: 連載の第4回は、先願主義と先発明主義の違いについてのお話です。 先にひらめいていた人と、先に手続きをしてしまった人と、どちらが権利を手にすることができるのでしょうか?

続きを見る

[第34回] 特許表現の選択

[第34回] 特許表現の選択

2019.10.15 特許
校閲担当I: 今回は、特許文書独特の表現を採用すべきか否か、その判断基準についてお話しいたします。

続きを見る

[第33回] 同時通訳の現場 in China (1) : ある医療会議の現場から

[第33回] 同時通訳の現場 in China (1) : ある医療会議の現場から

2019.10.07 通訳
品質担当S: 今回から3回にわたり、同時通訳に関するプチ連載を書きます。 今回はある医療会議を例に、業務依頼から現場入りまでの流れ、そして実際の現場での様子を紹介いたします。

続きを見る

[第32回] スタートアップのIT事情 コミュニケーション編(3)

[第32回] スタートアップのIT事情 コミュニケーション編(3)

2019.09.30 技術
技術担当T: 今回は、モシトランスの電話事情をご紹介いたします。 私たちはクラコールというクラウド型PBXを選びました。

続きを見る

[第31回] 中国製ラジコン玩具一考 (前編)

[第31回] 中国製ラジコン玩具一考 (前編)

2019.09.24 中国ビジネス
ビジネス支援担当N: 今、中国製ラジコン玩具が業界の主流となっています。 今回は中国製ラジコン玩具の話に入る前に、前編として中国の貿易や経済の発展について、振り返ってみたいと思います。

続きを見る

[第30回] 特許と実用新案の違い

[第30回] 特許と実用新案の違い

2019.09.17 特許
翻訳プロジェクト担当U: 連載の第3回は、特許と実用新案の違いについてのお話です。 特許と比べて、実用新案は「早い」「安い」のですが、その「うまみ」はどうでしょうか?

続きを見る